当社では「ご供養の心をつなぐお手伝い」を念頭に置き、昨今の多様化する供養のかたちに対応するため、お墓ディレクター有資格者が、お施主様一人一人のご希望や条件をとことん伺い、お施主様の求める安らぎがどの様な「かたち」なのかをしっかり確認した上でご提案させて頂いております。そのお手伝いが”お施主様の求める安らぎ=本当に安心できる供養”につながると考えております。
HOME > 家族葬が増加!一般葬とは違う点 

家族葬が増加!一般葬とは違う点

家族葬が増加!一般葬とは違う点

近年では、一般的なお葬式ではなく家族葬を選ばれる方が増えてきています。家族葬には明確な定義がありませんが、少人数で行うお葬式の総称として使用されていることが多いです。

お葬式の流れは一般葬と大きく変わりませんが、違った魅力がいくつかありますので、これからお葬式をあげるという方はぜひ参考にしてください。

故人とゆっくり向き合える

一般葬では多くの方が葬儀に参列するため、ご家族が故人とゆっくりお別れする時間を作るのは難しい場合があります。また、一般葬を行う場合は事前に準備しておかなければならないことも多く、心身の負担は大きくなりがちです。家族葬では家族や親戚などを中心としたお葬式になりますので、心身に負担をかけずに故人とのお別れの時間を多く作ることができます。

葬儀費用を抑えられる

一般葬の費用には火葬費用や返礼品、飲食費、祭壇・装飾費用、式場使用料などが含まれ、これらの費用総額は平均200万円前後といわれています。
参列者の多い大規模なお葬式をあげる場合は、経済的な負担を心配される方もいらっしゃるかもしれません。家族葬は家族やごく親しい人などの少人数で行うため、一般葬よりも葬儀費用を抑えることが可能です。

故人に合わせた偲び方ができる

故人に合わせた偲び方ができる

形式にとらわれず、自由なスタイルでお葬式を行うことができる点は、家族葬の最大の魅力でしょう。故人が大切にしていた品を飾ったり、好きだった音楽を演奏したりすることで、心ゆくまで故人との思い出に浸ることができます。

家族葬には無宗教葬や自宅葬、ホテル・レストラン葬、リビング葬などの様々なスタイルがありますので、故人に合わせた偲び方を選ぶことが可能です。

千葉や東京でお葬式や墓地・墓石に関するご相談のある方は、当社をご利用ください。当社では、葬儀やお墓の手配、墓石の選び方などに関するご相談を承っております。また、当社では永代供養墓のご案内や永代供養墓のクリーニング、リフォームに関する様々なサポートも行っております。永代供養墓の年会費・管理費などの料金について気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ