当社では「ご供養の心をつなぐお手伝い」を念頭に置き、昨今の多様化する供養のかたちに対応するため、お墓ディレクター有資格者が、お施主様一人一人のご希望や条件をとことん伺い、お施主様の求める安らぎがどの様な「かたち」なのかをしっかり確認した上でご提案させて頂いております。そのお手伝いが”お施主様の求める安らぎ=本当に安心できる供養”につながると考えております。
HOME > お墓のリフォームチェックポイント 

お墓のリフォームチェックポイント

お墓のリフォームチェックポイント

多くのお墓には耐久性の高い石材が使われているため、基本的に数年経っただけで劣化することはありませんが、長い年月を重ねると墓石にキズやシミなどが生じることがあります。

状態によってはリフォームや建て替えが必要となりますので、お墓のリフォームをする上でのポイントを押さえておきましょう。

お墓のリフォームは必要?

「墓石が古くなってしまったので建て替えかリフォームかで迷っている」「地震に強い構造となっているか」といったお悩みや不安な点がある場合は、プロの判断を受けることをおすすめします。リフォームが必要となった場合は、「どのような工事が必要なのか」「費用はどれくらいかかるのか」などの疑問点を明確にしておくことが大切です。

リフォーム時のチェック点

リフォーム時のチェック点

墓石のキズが目立つ、ヒビが入っている

まず、チェックポイントとして挙げられるのが墓石のキズや欠け、ヒビ割れです。墓石のキズやヒビを放っておくと、そこから雨などが入り込んで劣化の進行を早めてしまう可能性があります。墓石が風化して破損している部分がある場合は、一度リフォームを検討されてはいかがでしょうか。

墓石のズレや傾き、隙間が気になる

次にチェックが必要なポイントは、墓石のズレや隙間です。地盤が弱い場所にある墓地では、地震などによって墓石がズレたり傾いたりすることがあります。また、石と石の間に隙間があるとカロートなどに雨水が溜まり、最悪の場合は倒壊する危険性もありますので、小さなズレや隙間だからといって放置するのは避けましょう。

雑草・地震対策を行っておくと安心

せっかくリフォームで墓石を綺麗にしても、地面が土のままの状態だとまわりが雑草だらけになってしまうことがあります。忙しくてこまめに掃除ができないという方は、玉砂利を敷くなどの雑草防止対策を行うとよいでしょう。また、リフォームや建て替えをご予定の方は、大きな地震が来ても倒壊しないように、耐震工事を行っておくこともおすすめします。

千葉でお墓に関することなら当社にご相談ください。当社はお墓に関することから葬儀、仏壇・仏具のことまで幅広く対応しております。
また、納骨堂のご紹介や永代供養クリーニング・リフォーム・お墓参り代行なども承っておりますので、ぜひご利用ください。

このページのトップへ