セット価格
HOME > 知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
結婚式と葬儀が重なった場合は、どちらを優先すべきでしょうか?

どちらも大事ですが、考えてみましょう。生ある人と逝く人を思う心、喜びと悲しみ。分かち合う行為は同じでも、思いやりと心遣いという意味では葬儀を優先したいですね。

危篤のお見舞に伺う時の服装は、どんなものがよいのでしょうか。

喪服や黒い服はいけません。薄いグレーや紺色など、落ち着きのある地味な色の服がよいいでしょう。また、指輪やイヤリングなどの装飾品も控える方がよいでしょう。

御香典を包む時に気をつけたいこと

御香典はお通夜や告別式に参列する時に持参します。両方うかがう時は、お通夜に持って行きましょう。
中袋には姓名と住所、金額を書きます。金額は縦書きにして「金壱万円」のように「金」をつけて漢数字で書きます。記入欄が横書きなら「10,000円」とアラビア数字で書きます。お金は新札は避けますが、あまり汚くない紙幣を包みましょう。不祝儀袋を閉じる時は、お祝いごとと反対に、下側を先に折り返し、上側を重ねてたたみます。

参列できない時は

遠方だったり健康上の理由などでお通夜にも葬儀にも参列できない場合は、弔電を打ち、御香典を現金書留で送ります。お金は必ず不祝儀袋に入れてから現金書留用の封筒に入れること。郵送の場合は、金額に関わらず、水引が印刷された不祝儀袋でもOK。書留用の封筒と、封筒に合わせたサイズの不祝儀袋のセットもあります。罫線のない真っ白の紙に書いたお悔やみの手紙を同封することを忘れずに。宛名は喪主か、自分の知っている遺族に対して、間違っても故人あてにはしないこと。

弔電の打ち方

弔電の宛名は喪主か知ってる遺族の名前、または「○○様御遺族」にします。文例は「○○様(または「ご尊父様」「ご母堂様」など)のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます」「在りし日のお姿をしのび、心よりご冥福をお祈りいたします」など。
また、NTTでは文例集があり、その番号を選ぶだけで申し込めるので便利です。申し込む時は115番にTEL、またはhttp://dmail.denpo-west.ne.jpで。料金は文字数、漢字電報かかな電報かによって違い、慶弔用は一般用より高くなります。

弔電の打ち方

葬儀を行うことには法的な義務はありませんので、葬儀をしないことも可能です。葬儀をしない場合も、亡くなった場所からの搬送、納棺、安置、死亡診断書の 提出と火葬埋葬許可書の取得、火葬が必要です。ですから、葬儀社への依頼が必要になり、費用もかかります。この場合、身内だけで火葬に臨みますが、火葬時 に僧侶にお経をあげていただくこともできます。このような葬儀を「直葬」と呼ぶこともあります。この形を選ぶ人が増えてきています。

御葬儀の後にすべきこと・マナーとしてのチェック

●会葬者の芳名録の整理 住所・電話番号なども調べておく
●御香料の整理・御香料控え帳の整理・確認
●忌明け法要の招待人の人数調べ
●僧侶依頼
●会食手配(場所・料理)
●御香料返しの品定め
●忌明け挨拶状印刷。喪中ハガキ印刷
●法要返しの品定め(35日・49日)

御葬儀の後にすべきこと・法律・税金にかかることのチェック

●市役所などに死亡診断書による死亡届
●相続税の申告
●国民年金受け取りの為の裁定請求
●銀行預金・郵便預金の相続手続き、非課税貯蓄の死亡申告
●亡くなった方の所得税の確定申告
●生命保険金の受け取り手続き
●各種身分証明書の返却
●クレジットカード脱会届
●各種相続同意書の作成
●亡くなった方の関与する各種(借家等)の契約書書き換え

 


ご葬儀の種類
「葬儀式」と「告別式」

本来、「葬儀式」と「告別式」は別のものですが、現在では一つの流れの中で行われることの方が多いようです。「葬儀式」は故人の魂を送るために行われる宗教的 な儀式です。一方、「告別式」は、友人や知人が故人と最後のお別れをする社会的な式典です。また最近では、葬儀よりも「通夜」の方が会葬者が多くなるとい う逆転現象も増えてきています。一般の葬儀式、告別式を行う場合にも、祭壇の飾りつけや流す音楽に工夫をしたり、ビデオや記念コーナーを設置するなどして、故人の個性を表現することはできます。

「社葬」と「個人葬」

会社の社長や会長などが亡くなった時や、社員が殉職した時などに、会社が主催して行うの葬儀が「社葬」です。これに対して、会社ではなく遺族が主催して行 う一般的な葬儀が「個人葬」です。遺族と会社が合同で行う場合は「合同葬」と言います。また、葬儀は会社以外の団体が主催することもあります。これらは総 称して「団体葬」と言います。

「家族葬」と「密葬」

「家族葬」と「密葬」はどちらも主に親族や親しい者だけで行う葬儀ですが、別のものです。「密葬」は「本葬」 とセットで行う葬儀です。故人が有名人であったり、社葬など、多くの会葬者がいる場合には、まず、親族や親しい者だけで葬儀を行うことがありますが、これ を「密葬」と呼びます。そして後日、一般の参列者を招いた「本葬」を行います。

仏式葬儀・キリスト教葬儀・神式葬儀

「葬儀」はどの宗教で行うかによって「仏式葬儀」、「キリスト教葬儀」、「神式葬儀」など様々な形式があります。また、創価学会は僧侶なしの「同志葬(友人葬)」を行います。各新興宗教にもそれぞれの形式があります。

市民葬・区民葬(自治体葬・規格葬)

各種の自治体が、提供している低価格で簡素な葬儀です。しかし、一般に、福祉ではなく、補助金が出ているわけではありません。自治体自身が施行を行うところもありますが、大抵は提携する一般の葬儀社が施行します。亡くなった方か喪主が自治体に住んでいる場合に行えます。

直葬(葬儀をしない、火葬のみ)

葬儀を行うことには法的な義務はありませんので、葬儀をしないことも可能です。葬儀をしない場合も、亡くなった場所からの搬送、納棺、安置、死亡診断書の 提出と火葬埋葬許可書の取得、火葬が必要です。ですから、葬儀社への依頼が必要になり、費用もかかります。この場合、身内だけで火葬に臨みますが、火葬時 に僧侶にお経をあげていただくこともできます。このような葬儀を「直葬」と呼ぶこともあります。この形を選ぶ人が増えてきています。

お別れ会(偲ぶ会)・無宗教葬・ホテル葬

宗教者を招かずに、宗教色を抜いた自由な形で行う葬儀を総称して「無宗教葬」と呼びます。葬儀というよりも、告別式、追悼式というべき形式です。焼香の代わりに献花を行い、祭壇には花と遺影を飾り、音楽を流すことが多いようです。 無宗教で行う告別式を一般に「偲ぶ会」、「お別れ会」、「友人葬」などと呼びます。「密葬」の後の「本葬」、「社葬」を「偲ぶ会」、「お別れ会」として行 うこともあります。「偲ぶ会」、「お別れ会」はホテルやレストランで行うこともあります。ホテルで行う葬儀・告別式は、「ホテル葬」と呼びます。

自由葬・音楽葬

従来の葬儀の形式にこだわらずに自由な発想で行う葬儀を「自由葬」、「プロデュース葬」と呼びます。無宗教で行う場合もありますし、そうでない場合もあります。
生演奏やCDなどによって音楽を「献奏」するような、音楽を重視した葬儀を「音楽葬」と呼びます。

自然葬・散骨・樹木葬

海や川、山、宇宙などに散骨を行って自然にかえすことを「自然葬」と呼びます。通常の葬儀を行ってから、遺骨の一部を、簡単な儀式と共に散骨することが多 いようです。散骨は、扱いのある葬儀社を通して依頼することができます。葬儀の後で、直接散骨専門の業者に依頼することもできます。
樹木の生い茂る森の中に、樹木を植えたりして埋葬することを「樹木葬」と呼びます。「樹木葬」が行えるのはあくまでも墓地として登録された場所です。「樹木葬」は葬儀というよりも遺骨を埋葬する墓地の種類です。

生前葬

本人が生きているうちに行う葬儀です。まだ、珍しいですが、有名人などにこれを行う人が増えてきています。お世話になった人に自分で直接お別れを言うこと ができます。「生前葬」を人生の一区切りにして、新しい生活を送ろうと考える人もいます。無宗教の「お別れ会」の形式の場合と、宗教的な葬儀を行う場合が あります。

このページのトップへ